のーまらいず

のーまらいず

「のーまらいず」は、「障害のある人が描いた絵や書などをデザインに使ったTシャツや雑貨を販売しよう」というプロジェクトです。

障害のある人の個性を活かした仕事がもっとあればいい!という思いから始まりました。障害のある人が書いた絵や書が雑貨や服となって店頭に並び、たくさんの人がその商品を手にすれば、 障害や福祉のイメージが変わり、社会も変わるはず!

そんな思いから“normalize®”ブランドを立ち上げ、グッズを作成しています。

“normalize®”の思い

“normalize®”の思い

normalizeは、「ふつうにする」という意味。障害のある人、違う文化を持つ人、子ども、お年寄り、男の人、女の人…

いろんな違いをもつ人がいて、誰もが違いを認めあって暮らしているのが「ふつうの社会」。

その最初の一歩になりたい“normalize®”です。



ページの先頭へ