営業マン

 [2016.07.29]

昨日はedgeのコンペの運営資金を獲得するため、企業さんまわり。
正装のためスーツを着用。

あっつい。
駅から15分ほど歩かなければならなかったため、汗が噴射。
ボディ用のギャッツビーアイスタイプを2枚使いしても意味をなさない。

15年前の営業マン時代を思い出すが、スーツもそれなりに進化。
ウルトラモバイルスーツ。
簡単に言うと薄々でのびのび。
シワにならないパッカブルスーツ。

汗だくで終了した後、ラインの悪いリクルートスーツを着ているスタッフを改良するため、兄貴分としてスーツをプレゼント。
しかし、1年通して着れるようにと春夏用ではなく、秋冬用の間物のスーツを購入。
そこはけち臭い。

あまり着る機会がないからと、どうでもいい服を着るか、あまり着る機会がないからこそ少しいい服を着るか。
考え方は人それぞれであるが、断捨離ーマンとしては後者をお勧めする。

Posted by 河内 崇典 at 23:10

最新のピックアップ記事